ホアヒンの猿スポット|ホアヒン編13

タイといえば…涅槃像!
(アユタヤのワット ヤイチャイモンコン)

カオタキアップ山の麓にある小さな漁港までくると、すでにそこには…

猿! 猿! 猿!

街の中にすっかり溶け込んでいた。

彼らの特徴を一言でいうとしたら

それは…

ソフトモヒカン!


この言葉に尽きる。

そして、街の人たちや僕達を特に気にすることなく自由にふるまっていた。

(このアングルだと…俺たち犬にしか見えないことない?)
おやっさん! 早く車を出してくれ~

ニホンザルよりも毛足が短く、全体的にツルンとした印象だ。まるでいたずらっ子のようでとても可愛らしい。はしゃぎ過ぎて誤って船から海に落ちたのか、自分から飛び込んだのか分からないが、ずぶ濡れの子猿もいる。

まだまだ~

カオタキアップ山に登れば、もっといっぱいいるはずだ‼

僕らがノリノリで坂道を登ろうとしたその瞬間…

バチン!!!!

突然大きな音と共に

大きな火花が見えた!

猿たちは激しく声をあげながら走り去っていく、明らかに動揺している様子なのが見てとれる。

どうやら何かしらの理由で電線がショートしたらしい…

漁港の人達もビックリして山の様子を伺っている。

さすがに、この状況で猿達の中に歩いて入るのはマズイよな…

でも、何とかならないかな…

僕もソフトモヒカンだし…

そう思ったがやむなく引き返すことにした。

仕方がないので漁港を反対側に通り抜けてみる事にした。すると、ぱっと見行き止まりになっているかのような状況に…

またもや引き返そうとすると、近くで僕らを見ていたお母さんが

ドゥーン ダイ(そのまま行けるよ!)

と教えてくれた。

カオタキアップ山の麓にある漁港の風景
(なんか懐かしい…いや懐かしくないか地元海ないし…)

半信半疑で建物の間の細い隙間を通り抜けてみると、そこにはビーチが広がっていた。

そしてなんと!

カオタキアップ山のお寺への入口も偶然発見した。

そうか山の上には、お寺があるのか…

あっ、しまった!

二人ともハーフパンツをはいている!

山門をくぐるのは次回にしよう…

猿達…

ジュウカン マイ カップ(また会いましょう)

因みにタイのお寺では、女性の肌の露出には規制がある。足が見える長さのスカートやハーフパンツ、肩が見えるキャミソールなどでの入場は出来ない事が多い。観光の際は薄手のカーディガンをカバンに入れておくと便利だ。以前、キャミソールにショールをかけてお寺に入ろうとした女性が入場を断られていたのを見かけたことがある。

偶然見つけたカオタキアップのお寺への入口

せっかくなので砂浜を歩いてホアヒンビーチまで行ってみる事にした。

500m程進んだだろうか…

なんと、少し大きな波が前をふさいでいるではないか。

いつもはビーチサンダルを履いているのだが、山に登る予定だったため、今日に限ってスニーカーを履いている…

別にスニーカーを脱いでジャブジャブ渡っても良かったのだが…

湿った足に砂が着いた状態でまた靴を履きたくなかった僕は、引き返しながら高台に上がる場所を探すことにした。

お嬢様か‼

と嫁さんがツッコんでいたが、僕は気にしない。

箱入りでも構わない!

と思っていた。

カオタキアップ山の左手の海岸
(奥に見えるのがホアヒンビーチのホテル)

砂浜にはホテルや別荘が隣接してるため柵を設けて侵入できないようにしてある。小上がりを見つけてもなかなか迂回できない。

やっと抜けられそうな道があったので入ってみると立派な公園が広がっていた。

綺麗な芝生、木陰には可愛らしいベンチ…

フルーツジュースを飲みながら読書でもしたくなるような雰囲気だ。綺麗な毛並みの犬も何匹かいる。余程近隣の人に大切にされているのか、こちらに気づいても吠えることも無く横たわっている。

よし、今度ゆっくり来よう!

公園を通り抜けると見覚えのある主要道路に出た。次の機会のために場所を確認しようと思い振り向くと

何故か門に郵便受けがついていた…

侵入禁止っぽい事が書かれた立て札も…

ごめんなさい…

どうやら私有地だったらしい…

多分間違えて通る人が多いんだろうな…ビーチから道を抜ける時は注意が必要かもしれない。

帰り道に見かけた猫
(抜け道なら教えてやんでもないニャ!)

カオタキアップ山のカオタキアップ寺院の地図 ↓↓↓

~やぎ大作戦 ☞ホアヒン編14につづく

ホアヒン編12に戻る

Follow me!