カオタオにいってみよう|ホアヒン編26

今日はカオタキアップのさらに奥にある小さな町カオタオに行ってみよう。早速バイクを借りる、ガソリンもしっかり入っている。準備オーケー。

今日も嫁さんの運転でタンデムだ!

さあ~行ってみよう!

神経を使うであろう嫁さんに対し、僕はかなり浮かれ気味だ。

レンタルバイク
バンピエンプーンのレンタルバイク
(ドクロがステキなscoopy号!)

僕達の住むバンピエンプーンの脇の道を裏手に入り田舎道を進むと

おっ駄菓子屋さんを発見!

さっそくバイクを停める。正確にはバイクを停めるよう指示する。

いや、正確にはお願いした

何となく懐かしいお菓子がたくさん並んでいる。ここでカニチップをゲット!

僕はカニチップをほお張りながら再度バイクを走らせた。

いや、正確には走っていただいた…

踏切を超えて大きな通りを左折し10分ほど走る。側道を左側に入ると大きな湖が見えてきた

カオタオに到着だ!

そのまま湖のほとりを走ると

おお~!

湖の真ん中に祠のような物があるではないか。

(湖に浮かぶ祠⁉ど~ん!)
僕らのバイクと同じカラーリング、おそろだ!
(能でも見られそうなロケーションだ)
一度も見たことないけど…
(湖の周りはキレイに整備されていた)
この日は観光客の姿は無かった、穴場スポット!
(説明書きだろうか?)
相変わらずよく解らなかった…解らないの承知で毎回見る…

思わぬ発見にテンションが上がる。

しかし、ふと目を横にやると…

バランスよく並べられた竿に持ち主の人となりが見え隠れ…

釣りしてた…

しかも置き竿…(笑)

でもまあ…日本でも神社や寺の近くを流れる川で釣りすることもあるから同じか!

もう、こうなってくると…

こなれてる感がすがすがしい

そして、等間隔に置かれた竿が絵になるとさえ思えてくる。

カオタオ湖の釣り風景
(竿そっちのけ、木陰で談笑中!)

バイクで来たこともありとにかく暑い。そして途中で買ったカニチップに口の水分を奪われのどが渇いた。何か冷たいものでも飲みたい!

近くにおしゃれなカフェがあったので入ることにした。

(カオタオ湖のカフェ・リメンバー)
リメンバーか…日本語に訳すと「思い出す」
忘れない!決して忘れない!
清潔感のあるカフェ店内
冷房もいい感じ!うん~クールダウン!
(雰囲気のあるウォールパネル)
目でも楽しませてくれる!

オーダーはすでに決まっている。

言わずと知れたマイフェイバリット糖分…

チャーイェンだ!

アウ チャーイェン ソンゲウ カップ(チャーイェンを2つください)

ワーンー ニッ ディアオ カップ(あまり甘くしないでください)

「甘くしないで」のフレーズを覚えて以来

ヘビーローテーションだ!!

チャーイェン(タイ風ミルクティー)
一度飲んだらやめめられない!
湖の眺めもステキだ!
次に来たときは食事もいいなぁ!

カラダも涼しくなったところでカオタオの海でも見に行ってみよう。

嫁さん、もうひとっ走り頼むぜ!

通り沿いにはローカル感のお店がちらほらある。

こういうお店も楽しみのひとつだ!

脇道に入るとすぐに海岸に着いた。

ビーチには海水浴客の姿はない、数人の漁師さんだけが見えるとても静かな浜辺だ。使い込んだ船がどこか懐かしい雰囲気をかもし出している。

カオタオのビーチはとにかく静かな浜辺だ!
(遠くに見えるのがカオタキアップ山)
網を引くおじいさん!
(木造の船とマッチしている!)
(網をなおすおじいさんの背中)
哀愁漂う後ろすがた…

見たところお店は無かったので飲み物などの準備が必要だと思う。

賑やかなホアヒンビーチも良いがこんな隠れ家のようなビーチも悪くない!

ビーチマットを敷いてゆっくり楽しむのも良いだろう。

帰国前に良いところを見つけた…

今度はいつ来れるだろう…

この後も嫁さんの運転でサービスアパートメントに帰ったのは言うまでもない。

いろいろお疲れさま

~やぎ大作戦 ホアヒン編おわり~

カフェ・リメンバーの地図 ↓↓↓

カオタオビーチの地図 ↓↓↓

カオタオ湖にたつ立派な建物の地図 ↓↓↓

☞やぎ大作戦|飛騨高山編1につづく

☞やぎ大作戦|ホアヒン編25にもどる

Follow me!