難関!?入国手続き|シラチャ編2

タイの航空機は紫色のロゴが目印だ
(八木は、機内食は常に肉料理をチョイスしてるぞ!)
(以上どうでもいい情報でした)

6時間を超えるフライトを終え、無事スワンナプーム国際空港に到着した。

あとは入国審査だな…

スワンナプーム国際空港は、嫁さんと新婚旅行で来て以来、幾度となく訪れているためすっかり慣れっこだ。

とにかく広いスワンナプーム国際空港
(動く廊下の上を歩けばスピードアップできるぞ!)
(八木は毎度そう言いながらはしゃいでいた)

しかし、これだけは毎回の事ながら若干の緊張が走る。何も言われずにパスポートを渡されることもあれば、滞在先や渡タイ理由を確認される事もあるのだ。

何度も言うが、僕達は英語よりもタイ語の方がまだ理解できる。

それでも僕に至っては

2歳児ぐらいのタイ語力だ。

だから、それなりに準備して臨んでいる。

たかが入国審査、されど入国審査だ!

入国カードに記入漏れがないか確認しパスポートを握りしめて順番待ちの列に並ぶ

並んでいる列がどんどん短くなっていく。

頭の中にいろいろな単語が駆け巡る。

あと2人で僕の番だ。

あれっ、ベテランっぽい男性の審査官に交代したぞ!

さっきまでは割とニコニコしている女性だったのに…

何だろう硬い表情をしてる…

八木の心境を代弁するリス①
(あれっ、なんかヤバくない⁉)

何か探しているのだろうか、キョロキョロと自分の周りを見ている。

審査中もポケットの中をしきりに探っている様子だ。

んっ、審査を中断してゲートの奥にいる女性に声を掛けて何か話し始めぞ!

やや厳しい表情だ…

嫌な予感がしてきた…

次は僕の番だが別の列に並び直そうかな…

いやっ、ここで変な動きをすると意味もなく怪しまれてしまうかもしれない。

おっ、さっきの女性がイヤホンを持ってきたぞ!

受け取って上着のポケットに入れたけど収まりが悪いのか、審査中もずっとイヤホンを気にしている。

前の人の審査が結構長い…

何か質問をしている様子だ…

もう嫌な予感しかしないぞ!

八木の心境を代弁するリス②
(意味わからん事言われたらどないしよ!)

とうとう僕の番だ…

数歩の距離だが歩き進めている間も片手でイヤホンの収まり具合を確認してるのが見える。

サワディカップ(こんにちは)

パスポートを渡して眼鏡を外しカメラを見る。

審査官は相変わらずの厳しい表情で入国カードとパスポートをチェックし始めた。

そして、やはりイヤホンを気にしている…

大丈夫だろうか…

不安がよぎる…

すると、すぐにパスポートを返し一言も発することも無く手続きが終わった。

審査時間みじかっ!

さっきまでの感じは何だったんだろう(笑)

それと、あのイヤホン…

どれだけ大事なものだったの…

呼びつけてまで持ってきてもらったにもかかわらず、結局審査中に一度も使ってなかったし(笑)

でも、何も無いに越したことはない。

八木の心境を代弁するリス③
(ぷぷっ、取り越し苦労やったわ!)

僕達は、荷物を受け取り空港ロビーに出た

いよいよ「やぎ大作戦・第二弾」の始まりだ!

八木の心境を代弁してくれたリスの代表
(報酬にワタってなくない⁉)

やぎ大作戦|シラチャ編3につづく

やぎ大作戦|シラチャ編1に戻る

Follow me!