タイでタイ語学校に入校!|シラチャ編4

タラートソッシラチャ(シラチャ新鮮市場)
(大賑わい! 朝だけの市場だ!)

今日は、シラチャでの海外生活、記念すべき一日目だ。前回のホアヒンでの経験から必要なものは大体揃えてきたし、買い足せる物も場所もなんとなく見当がつく。

そして、またしても近くにコンビニがある。

まさに快調な滑り出しだ!

今回は館内にコイン式の洗濯機もあるし、室内用の物干し台も貸してもらえるようだ。幸い部屋も広く、タイの気候なら部屋干しでもあっという間に乾くだろう。

シラチャオーキッドホテルの部屋
(今回は浴槽もあった。嬉しい誤算だったのだ!)
ロフトには大きなベットがある
(寝返り自由自在だ!)

更に清掃とベットメイク、朝食のサービスもある。

自炊をしたければ、備え付けの調理器具で料理も出来る。

まさに集中してタイ語の勉強をするのに申し分ない環境だ!

腕がなるぜぇぇ~

早速だが前もって連絡をしておいたタイ語学校「TLSタイランゲージステーション」へ入校手続きに行くことにした。

実はこの学校の学長は「藤崎ポンパン」という有名人なのだ。

TLSが出しているタイ語の本・CD付き
(学長の声で収録されているぞ!)

僕が学長の存在を知ったのは「すごいタイランド」佐野ヒロさん同様、ユーチューブでタイの情報をリサーチしているうちに、学長が出演しているタイ語のレッスン映像がヒットし、それ以来ちょくちょく視聴していたのだ。

部屋を出てグーグルマップに導かれるまま歩き始める。

もしかしたら学長に会えるかもしれない…

そんな淡い期待を胸にシラチャの街を進む。

しばらくすると、シャッターの閉まったお店の前で、ポツンと椅子に腰かけた男性がこちらを見ているのに気が付いた。

僕らが気にも留めず、目の前を通り過ぎようとすると、ボソッと声をかけてきた。

タッ ポム マイ(髪切らないか?)

…⁇

えっ、いきなり!

散髪屋の呼び込みなの⁉

僕達は、予想だにしない行動に驚愕しながらも、驚きをひた隠し

マイ アウ カップ(いらないです)

とこたえるのが精一杯だった。

因みに、その時の僕の髪型は短めのソフトモヒカンだ。

髪を切る要素は、ほぼゼロだと思う

ツワモノに出くわしたぞ!

何故か僕は、興奮気味だった。

仮に切った場合、ソフトモヒカン部分がなくなってしまう…

ささやかだが、個性がなくなってしまうではないか!

そんなことを考えながら再度歩きはじめた。

商店街を抜けステーキハウスを目印に右へ曲がりしばらく歩く

通り道にあるステーキハウスで食べたポークステーキ
(ハンバーガーも上手い!八木はお代わりしたぞ!)

そのうち、やたら日本語の看板が目立つ通りが見えてきた。

僕達が通うタイランゲージステーションは、その通りの入口にあった。

サワディカップ(こんにちは)

中に入り声を掛けると奥から日本人スタッフが出てきた。

名前を告げ入校の手続きをしたいと伝えると、その日本人スタッフは申し訳なさそうに話し始めた。

先日、電話で話した日本語ができる先生のうち一人が、体調を崩して急遽これなくなった。そして、代わりに英語でタイ語を教える先生を準備したというのだ。

病気になってしまったのならしょうがない…

だけど、せっかくシラチャまで来たのに、このままでは全て水の泡だ。

僕はそう思いかけた。すると嫁さんが

私、英語の先生でいいです!

と言い出した。

男前だ…

そんな嫁さんの頑張りによって「やぎ大作戦」は続行されていくのだ!

タイ発祥の辛うま万能ソース『シラチャ・マヨ』
(帰国後に名前だけで買ってしまった!美味かったぞ!)

タイランゲージステーション シラチャ校の地図 ↓↓↓

ポークステーキとハンバーガーをよく食べたステーキハウスの地図 ↓↓↓

やぎ大作戦|シラチャ編5 次の記事

やぎ大作戦|シラチャ編3 前の記事

Follow me!