タイで日本語教師の勉強だ!|シラチャ編10

シラチャと言えば…Jパーク日本村
(タイ人から見た日本のイメージは河童⁉)

セミナーを終えホテルに戻ると嫁さんが切り出した。

これからどうするつもりなの?

う~ん、日本語教師の話は悪くないと思うけどな…

さすがに方向性を変えたいとは言いにくい。

だから、実際どうしたいの⁉

嫁さんは、ややイライラした様子で問い詰めてきた。

どうすんのよ?
(嫁の心境を代弁する猫①)

セミナーで話を聞いている僕をみて、何か感づいているのだろう。

どうせ近いうちに話さなくてはいけない

僕は自分の考えを素直に話す事にした。

結論から言うと…、

タイには住まない!

そして…

日本で日本語教師になる!

じゃあタイにはもう来ないの⁉

嫁さんは、まあまあイライラした様子で訊いてきた。

ちなみに私はタイに住みたいんだけど…!
(嫁の心境を代弁する猫②)

タイには予定通りもう一度くるよ。

但し、今度は二カ月間滞在して、バンコク教室で日本語教師の授業を受けたい。

一時帰国中と本帰国後は通信教育の形で勉強を続ける予定だ。

じゃあ、私はどうすればいいの⁉

嫁さんは、かなりイライラした様子で確認してきた。

私の立ち位置はどこなのよ!
(嫁の心境を代弁する猫③)

……

そこは二人で…

……

わたしも⁉

わたしもやるの‼

私の意志は‼
(嫁の心境を代弁する猫④)

最終的にテストに受からないとなれないんだよ!

本当にやるの?

僕は答えた。

まあ…やる方向で…

しばらく、嫁さんは黙っていたが少しすると

分かった…一緒にやろう!

と言ってくれた。

今回までだからな…
(嫁の心境を代弁する猫⑤)

やはり、男前だ…

なんなら豪気だ!

不謹慎だとは思うが僕はそう思った。

この気持ちは墓場まで持っていこう…

とにかく

『やぎ大作戦』は大きく方向転換をするのだ!

遂にすすむべき道を見つけたぞ!
(八木の心境を代弁する猫①)

これまではタイに移住するために活動してきた。

これからは…

まず日本語教師になる!

そして

外国人と関わりながら海外とのパイプをもつ!

そこからの

日本と海外を行き来する事業を興すのだ!

これぞ『ニューやぎ大作戦』なのだ!

ニュー…いい響きだ…
(八木の心境を代弁する②)

(ややこしいので以後、やぎ大作戦とする)

そんな思いを胸に僕達は一時帰国した。

正確には、そんな思いの僕と巻き込まれた嫁さんだが…

~帰国後の日本にて~

帰りの飛行機は、約6時間のフライトを経て中部国際空港に着いた。

ひと月ぶりの日本だ!

早速だが日本的なものを食べたい!

中国料理『劉家』 セントレア店

中華料理デ~ス!

僕達は、ここの刀削麺も好物のひとつだ!

生地の塊を特殊な包丁で、柳の葉のような形に削ぎ落したモチモチの麺をピリ辛スープでいただけるのだ!

2月後半の日本はまだまだ寒い、カラダを温めるにも丁度よかった。

~地元・飛騨高山にて~

僕達の元に日本語教師の通信教材が届いた。

待ってました!

さっそく、入っていたブルーレイディスクを再生してみる。

でたぁぁ~!

無料セミナーで説明をしてくれた先生の姿に興奮する僕達。

授業は、講師のユーモアある語り口調で、分かり易く学習できるようになっている。

勉強していくうちに定期的に教材が送られてくる事が楽しみに変わっていった。

こんな調子で2ヵ月間、映像を見ながら学習したこともあり

僕達が日本を発つ頃には、先生の癖までわかるようになっていた。

いや、むしろ大ファンになっていたのだ!

こりゃあ、たまんね~!
(八木の心境を代弁する猫③)

タイ人から見た日本が面白い『Jパーク日本村シラチャ』の地図 ↓↓↓

やぎ大作戦|タイランド編1 次の記事

やぎ大作戦|シラチャ編9 前の記事

Follow me!