タイの気温と暑さ対策|タイランド編7

僕達は、中部国際空港セントレアの近くにあるホテルに泊まっていた。

東横インホテルにあったオブジェ
(アジアンな雰囲気を漂わせていた)

旅立ちの朝は目覚めが早い。僕は基本的に早起きは苦手な方だが、子供の頃から遠足や運動会の日だけは何故かスッキリ起きれた。

要するに…

ワクワクしているのだ!

よっしゃー! 朝食バイキング行くぞ!
(八木の心境を代弁するシマリス①)

昨日までは常に不安が心のどこかに在ったのだが、不思議なもので今はかけらもないのだ。

無論、タイがクーデター中であることも忘れていた。(2014年時点)

注文したコーヒーを不意に飲んだ時に無茶苦茶あつかった経験はないだろうか。

口の中が火傷しそうな熱さにみまわれ、吐き出すわけにもいかず無理矢理のみこむと、食道から胸の辺りまで熱いのが流れていくのがわかるアレの事だ。

のどもと過ぎれば熱さを忘れるってヤツだ…

今まさに不安を克服したのだ!

僕達は意気揚々とホテルを出た、スーツケースを転がしながらセントレアまでの連絡通路をめざして歩く。

東横インホテルかセントレアに行くには連絡通路を使うのだ
(徒歩7~8分でセントレアに着くぞ!)
立体駐車場も併設だ
(旅行日数に合わせて上手く利用したいところだ!)
東横インホテルにはセブンイレブンも併設されていて便利だ!

6月でもタイは暑いのだろうな…

因みにタイ気温は地域差はあるが4月・5月辺りが一番高く、年中日本の真夏のような気候が続く。そして、6月位から10月辺りにかけて雨期に入るので湿度も上がってくる。となると11月から1月は割と過ごしやすいと言える。

タイの6月は暑いというより、むし暑いというのが正解だろう。

この頃の僕のタイでの服装は、七分袖のTシャツの上に更に半袖シャツを着て、デニムの長ズボンにスニーカー

そして、服の内側には…

シークレット財布的なものを身体に巻き付けていた…

とにかく暑かった…

タイの暑さを舐めてたんだよ!
知らないってこういうことさ…
(八木の心境を代弁するシマリス②)

少なくとも飛騨高山育ちの僕には、かなり暑いと感じたのだ!

今では、ポロシャツにハーフパンツ、フィット感があり動きやすいアウトドア系のサンダルに落ち着いた。

僕は伸縮性のある「KEEN」のサンダルを愛用している。

旅をともにしているお気に入りのKEENのサンダル

しかも、当時は現地での買い物が容易にできず、水を見つけても買いそびれ、給水が思うようにできなかったため尚更だったのだ。

そんな時はワタに染み込ませて持ち歩くといいぞ!
(八木にあまり参考にならないアドバイスをくれたシマリス③)

もし、通りすがりの屋台などでペットボトルの水を買いたい場合は、挨拶から入ると良い。

サワディ カップ(女性は「カー」)(こんにちは)

アウ ナム ヌン クワット カップ(「カー」)(水を1本欲しいです)

ラーカー タオライ カップ「カー」)(いくらですか)

と続ければ大抵の場合は

シップ バーツ(10バーツだよ)

などと答えてくれる。

指をさしながら質問すると分かり易いかもしれない。

あとはお金を渡して水を受けとるだけだ。

アウは「欲しい」、ナムは「水」、ヌンは「1」、クワットは「本」、カップは「~です」、ラーカーは「値段」、タオライは「いくら」だ!

この時、小銭をポケットに入れておくとスマートに買えると思う(タイランド編6|タイでのお金の管理は☞コチラ

もし、それが水かどうか自信が無いときは挨拶をしてから

ニー ナム チャイマイ カップ(「カー」)(これは水ですか?)

ニーは「これ」、チャイマイ カップは「ですか?」

と質問すれば

チャイとかチャイチャイ(どちらも「そうだよ」の意味)

または カップカー(どちらも「はい」の意味)

もし違う場合はマイ チャイ(違うよ)

などと返事が返ってくると思う。

個人的ではあるが屋台での買い物をする時は水からチャレンジすると良いのではないかと思っている。

何故ならば、基本的にタイは暑いので経験上みずは常に持っていた方が良いので無駄にならない。

買い食いでお菓子食べると口の水分持ってかれるしねぇ~
(単なる食いしん坊的なコメントを残すシマリス④)

それから、フルーツや料理のように種類を選ぶ必要も無ければ、トッピングの要求もしなくてよいので、タイ語を使っての買い物としては割と容易だと思うからだ。

今では僕は…

水を買う達人だ!

この時だけは嫁さんを押しのけて買い物をするのだ!

アウ ナム ヌン クワット カップ‼(水を一本くださ~い‼)

うめぇ~、五臓六腑に染みわたるぜぇ~
(有頂天な八木を横目に蛇口からガブ飲みするシマリス⑤)

たまに利用していた東横イン中部国際空港1の地図 ↓↓↓

やぎ大作戦|タイランド編6 前の記事

やぎ大作戦|タイランド編8 次の記事

Follow me!