タイの楽しみ方といえば…(思い出)|タイランド編15

チェンマイ2日目の朝。

僕はいつになくスッキリ目覚めた。

フォーシーズンズリゾート・チェンマイの庭
(僕達の泊まっていたステキなホテル)

やはり昨日のフットマッサージが効いているのだろうか…

いや、理由はそれだけではない。

僕にとって、ある意味今日がこの新婚旅行一番の山場といえるだろう…

そう、なんと今日は…

動物園に行く日なのだ!

実は、もともと新婚旅行で動物園に行くという発想は無かった。

しかし…

行きの飛行機の中で旅行代理店でもらった冊子を見ていた時に、偶然『NIGHT SAFARI』と書かれたページを発見してから、ず~と行ってみたいと思っていたのだ。

そこで、嫁さんがガイドさんに手伝ってもらいながらホテルのチェックイン手続きをしている時に、ちょっとタイミングが違うとも思ったが、そのページを開いて無邪気に「ナイトサファリに行きたい!」とお願いして急遽プランにいれてもらったのだ。

僕はすでに…

空気を読むより欲望を優先する大人と化していたのだ!

子供の頃は…動物園と言えば一大イベントだった…
あの時の気持ちを忘れられないのさ…
(八木の心境を代弁するミーアキャット①)

そんな事はさておき動物園は夕方から、それまでは自由行動だ。今日もガイドさんにチェンマイの街まで送迎してもらい途中で合流する事になっている。

~チェンマイの街にて~

僕達は通りがかりのカフェに入り、おっかなびっくりビュッフェスタイルのモーニングを済ませた。日本とは違うメニューに新鮮味を覚え感激し、少々食べ過ぎてしまった…

腹パンだ…俺としたことが我を忘れてたぜ…
(八木の心境を代弁するミーアキャット②)

腹ごなしに街歩きでもしたいところだ。

そんなことを考えていると…

アーユルヴェーダー受けたい!

嫁さんが言い出した。

えっ、今から!

なんですと!
(八木の心境を代弁するミーアキャット③)

腹いっぱいだし!

うつぶせになるの少しつらいかも…

と思ったが、僕も全く興味が無いわけではなかった。

というのもアーユルヴェーダの事は良く知らないが、どうやらオイルマッサージをしてもらえるらしいのだ。

普段、疲れがたまると手もみ屋で身体のコリをほぐしてもらう事はあっても、男の僕がオイルマッサージを受ける機会は日本では少ない。

もし、可能であるならば…

オッサンだって…

オイルマッサージで癒されたい!

至福の時間ってやつを体感してみたい‼

こんな感じに横たわってオイルをぬってもらいてぇ…
(八木の心境を代弁するミーアキャット④)

そんな気持ちが先行し嫁さんの案に乗ることにした。

しかし、Wi-Fiを準備していないので携帯で検索ができない…

近くには、それっぽいお店も無さそうだ。

しばらく辺りをキョロキョロしながら歩いていると前にトゥクトゥクを発見した。

もしかしたらオススメの店に連れていってもらえるかも知れない!

んっ、なんだ⁉

座席の辺から、だらりと運転手のものらしき足が伸びているのが見えた。

もしかして寝てるのか?

こりゃ無理だな…

たぶん相手にもしてもらえないさ…
(八木の心境を代弁するミーアキャット⑤)

僕はそう思った。

しかし嫁さんは違った

しめた!

そのやる気のない感じがいい‼

と言いながらトゥクトゥクに駆け寄った。

そして、カバンから旅行代理店でもらった冊子を出し指をさしながら

サワディーカー(こんにちは)

アイ ウォントゥ ゴー トゥー 「オアシス スパ」(オアシススパという店に行きたい)

と声を掛けた。

どうやら嫁さんには、お目当ての店があったらしい。

ていうか、お前…よくそんな状況で声かけられるな…
きっと嫌そうな顔されるに決まってるぞ!
(八木の心境を代弁するミーアキャット⑥)

すると、運転手はダルそうに目を開け、嫁さんが開いているページをまじまじと見始めた。

そして…

笑顔を浮かべながら

ソーンローイ バーツ(200バーツ)

と答え、乗り込むようにジェスチャーをしてきた。

わりと機嫌よく対応するんか~い!
(八木の心境を代弁するミーアキャット⑦)

僕達は、この200バーツという料金が、果たして高いのか安いのか分らなかったが乗せてもらう事にした。

そして、ここで一つの疑問が残った…

何故、このトゥクトゥクの運転手を敢えて選んだのか?

後で嫁さんに訊いてみると

知りもしないのに向こうから積極的に声を掛けてくる人より、元々こちらに興味が無かった人の方が、何か企んでいる可能性がなさそうでしょ!

だから…

逆に安心感があるの!

と自信ありげにこたえた。

僕はこの時…

小柄で少年のような顔をした嫁さんに

底知れぬ心強さを覚えたのであった…

けっこう…頼れるタイプや…
ていうか、それどこで積んだ経験値なん⁉
(八木の心境を代弁するミーアキャット⑧)

やぎ大作戦|タイランド編16 次の記事

やぎ大作戦|タイランド編14 前の記事

Follow me!