チェンマイナイトサファリ動物園(思い出)|タイランド編17

アーユルヴェーダですっかり身も心も癒された僕達は、日本語ガイドのソムチャイさん(仮名)と合流した。

これから…

『チェンマイ・ナイトサファリ』へ行くのだ!

お迎えのワゴン車に乗り込み、しばらくすると動物園に到着した。

駐車場から入口に向かうと…

なんと!

いきなり象が‼

象のドアップ
(笑顔がステキだ!)

日本ならメインになる事もある象を、園内に入る前に見せてしまうとは…

さすがタイだ…

ルリコンゴウインコは色鮮やかだ!
(写真はイメージ、長崎バイオパーク動植物園)

他にヤギやヒツジ、ロバもいるぞ!

確かに可愛くて良いのだが…

なんか…こう…

・・・

とにかく

象の存在感が

ありすぎだ(笑)

チェンマイナイトサファリ動物園の入口前のオブジェ

さあ、八木さん入りマスヨ~

チケットを手配してソムチャイさんが戻ってきた。

入口前でもかなり楽しめたぞ…

期待に胸を膨らませながら園内に入った。

リスザルもいるよ!
(写真はイメージ、長崎バイオパーク動植物園)

ナイトサファリまで時間がありマス

まずはショーを見マス

ソムチャイさんのアテンドに身をまかせゾロゾロと園内を進む

ショーか…

別に悪くないが、早く動物を見たいな…

多分、タイだから象のショーでもやるんだろうな…

途中で子供を乗せたりする、参加型のやつだろう…

タイだけに…

でも、これはこれで旅気分を味わえていいかも知れないな!

僕はあまり気乗りでは無かった

待っていると、最初はまばらだった人の輪が見物客で一杯になってきた。

ブゥォォォ~ン

突然、大きな音と共に民族感のある音楽が流れ始めた。

おっ、出てくるぞ

象が象使いと一緒に出てきた。

そして、その後ろには大勢の綺麗な女性ダンサーが続く。

やっぱりな!

予想通りの展開に、僕が若干勝ち誇っていると

それに気が付いたのか、ソムチャイさんが僕にこう言った。

八木さん…

いま目の前にいる人は…

みんな男デス!

えぇぇっ‼

ってことは…

これ…

ニューハーフショーなの⁉

動物園でニューハーフショーとは…

さすがタイだ!

ニューハーフショーの様子①
(イラスト風)

日本だったら観光ホテルやパブ位でしか、なかなか見られないのに…

完全にタカをくくっていた

ソムチャイさんは、僕の驚きの表情に満足そうだ。

恐らく100点満点の反応だったのだろう。

もしかしたら…

ソムチャイさんにとっては、この瞬間が勝負だったかもしれない。

何はともあれ

グッジョブ!

ソムチャイさん‼

結局ショー自体は着ぐるみにセグウェイ、迫力あるファイアーダンスとなかなか盛りだくさんで、ニューハーフショーのサプライズ抜きでも十分な内容だった。

ニューハーフショーの様子②
(イラスト風)

周りにいた子供たちも大盛りあがりだ。

楽しかった!

こうして僕達はナイトサファリの時間まで、ニューハーフショーの他にタイガーショーやビントロングとのふれあいなどをして過ごした。

因みにホワイトタイガーの子供を抱っこしてミルクを飲ませる体験もしたが…

子供とはいえ、嫁さんより大きいホワイトタイガーに、僕は少々ビビっていた事をここでついでに告白しておこうと思う。

後で記念写真を見たが、嫁さんのノリノリ具合と対照的にかなり及び腰だった…

金色の冠が特徴のカンムリヅル
(写真はイメージ、大牟田市動物園)
ツキノワグマもいるぞ!
(写真はイメージ、平川動物園)

そして、遂に楽しみにしていた時間がやってきた。

そう、ナイトサファリだ!

辺りはすでに真っ暗だ。

トッケィ、トッケィ

相変わらず虫の声に混じって、トカゲの鳴き声がきこえる。

僕達は、英語実況アナウンス専用の30人程乗車できる、窓の無い大きなトラムに乗り込んだ。

待っている子供たちが発車を待ち遠しそうにはしゃいでいる。

ギィギィギー

ゆっくりとトラムが動き出す、テンポの良いアナウンスが流れ暗闇の中へと吸い込まれてゆく。

うぉ~!

ライトに照らされ目がキラリと光る…

夜陰に紛れるトラやライオンなど、肉食獣の姿を見た僕は大感激!

あんぐりしているメスライオン
(写真はイメージ、石川動物園)
落ち着き払うホワイトタイガー
(写真はイメージ、平川動物園)

ゴ~ゴッ

トラムはスピードに緩急をつけながら軽快に進む

そしてそのうち、草食動物のエリアに入った。

ピタっ!

突然トラムが停止した‼

どうした!

何があったんだ⁉

僕がキョキョロしていると…

ピカッ!

前触れもなくライトがついた

おおぉぉ~!

なんと辺りには…

キリンやシマウマをはじめ草食動物たちがいるではないか!

足元を見るとイノシシの子供がテケテケ走っている。背中の縞模様がなんとも愛らしい。

サービス精神旺盛のキリンは、トラムの中に首を突っ込み舌をペロッと出してくれた。

でかっ! キリンでかっ‼

そして、舌ベラ

青ッ‼

大きくて迫力があるが怖い感じは全く無かった。

ただただ佇むキリン
(写真はイメージ、石川動物園)

おっ! 

シマウマが近づいてきたぞ!

思わず手を出そうとしたその時

あぶないっ!

嫁さんが僕の手を握り止めた

なんだ?

そう思いながら視線を少し前に移すと、シマウマの絵にデンジャーと書かれた立て札が見えた。

なんと、シマウマは手を出すと噛む時があるらしい…

危なかった…

こうして僕は、

意外な伏兵『シマウマ』に脅威を覚えながらもナイトサファリを楽しんだのであった。

伏兵シマウマ
(写真はイメージ、石川動物園)

ドキドキワクワクの『チェンマイ・ナイトサファリ動物園』の地図 ↓↓↓

☞やぎ大作戦|タイランド編18 次の記事

☞やぎ大作戦|タイランド編16 前の記事

Follow me!